エステ体験なら痩身エステも脚やせエステも安い

着圧タイツのおすすめは?効果が高い着圧レギンスで脚やせダイエット【人気ランキング】

足のむくみを手早く解消したい!脚を細くしたい!という人は、専用の着圧タイツを履くのも良い方法です。

当然普通の靴下やストッキングよりは割高ですが、食べ物で体の内部から体質改善するまでは時間がかかりますし、今すぐなんとかして欲しいという時には手軽で即効性のある方法です。

妊婦さんにもおすすめで、物理的に対処が出来るので安心ですし、脚を冷やさないのはとても大事なことですよね。実際に履いてみると、履いた瞬間から気持ちの良い適度な圧力がかかるので、これなら早く履いておけば良かったと思えるはず。


着圧タイツ・レギンスでむくみが取れる理由

着圧タイツは、特殊な編み方で脚の筋肉の持つポンプ力を高めてくれる、いわばサポーターです。脚に回ってきた血液は重力の影響を受けるため、どうしても上半身に押し戻すにはチカラが必要になります。

筋肉を動かさず長時間同じポーズをしていたり、もともと筋肉量が少なかったりすると、押し戻すポンプ力が弱まり、水分が停滞してむくみを起こします。

着圧タイツは押し戻すチカラをサポートするように作られているので、履くだけで静脈の流れやリンパの流れがサポートされ、血行が促進されるのです。

ただ、単純に締め付けただけでは単に血管が圧迫されるだけで、血行改善どころか反対に血液の流れが止まってしまいます。

着圧タイツは圧力のかかり方を計算し、どの部位にどれくらいのhpa(ヘクトパスカル)をかければ適切かをきちんと計算し、それを実現出来る編み機で製造されています。だからむくみに悩んでいる方に正におすすめ!

履いて寝るだけの着圧タイツも人気

着圧タイツのシリーズには、履いて寝る事ができるタイプもあります。

寝ている時には脚も頭も同じ高さになるので、脚よりも顔や手のほうがむくみやすい人も多いですが、日中脚を酷使している人はその疲れが翌朝まで残ってしまう場合もあります。

夜のうちにしっかり回復させておくためには、着圧タイツなどで物理的な対策を打つのも有効です。ただし、使う場合にはまず自分の脚のサイズに合うか、締め付けの強さが強すぎないかなど、ちゃんと選ぶ必要があります。

常に締め付けの強い着圧タイツを履いていると、肝心の自分の筋肉のポンプが弱ってしまうという懸念があるので、常用ではなく脚を酷使する時やむくみがひどい時などに使うのが良いでしょう。

具体的には

日中履いたなら夜は履かないようにするとか、夜履きたいなら日中は履かないようにするなど24時間使いまくるのは止める事。また、週に1日か2日は着圧タイツを使わない日を作るようにしましょう。

着圧タイツ・着圧レギンス選びのポイント

着圧タイツ選びのポイントは、何より自分の脚に合うものを選ぶことです。

当たり前のことだと思うかもしれませんが、実は通常のタイツやソックス、ストッキングを選ぶように簡単に選びにくいのが着圧タイツ選びのネックです。

なぜなら着圧タイツは作られ方によって履いている時の状態がかなり変わってしまうからです。単にサイズだけで選ぶのではなく、どこにどれくらいの圧力がかけられているかをきちんと知って選ぶ必要があります。

着圧タイツは圧力で選ぶ

着圧タイツは、一般的にどの部位にどれくらいの強さの圧力がかかっているかが表示されています。

段階着圧式のものは、だいたい足首部分、ふくらはぎ部分、太もも部分、お腹、お尻の部分に分けて圧力が明示されていて、おおむねhpa(ヘクトパスカル)で記されています。

ヘクトパスカルなんて、天気予報でしか聞いたことが無いという人も多いと思いますが、圧力の単位なのでそれが一般的です。または、mmHg(水銀柱ミリメートル)で表示されているものもあります。

いずれにしても数値が大きいほど圧力が高くなります。

おおむね足首の圧力が20hpaから30hpaで一番強く、次いでふくらはぎが10hpaから20hPa、太ももが一番ゆるく、5hpaから15hpaくらいですが、もっと強いものもあります。

mmHgの場合は、極弱圧が10から15mmHg、弱圧が15から20mmHg、中圧が20から30mmHg、強圧が30から40mmHgというのが目安です。

最初は通常くらいの圧力の着圧タイツを!

着圧タイツは元々医療用で使用されていたものがモデルなので、あまり強い圧力のものを長時間着用するとかえってトラブルにつながってしまう場合があります。

最初から数値の高いものを使うのではなく、まずは普通か弱めのものを時間を区切って使うなどして、徐々に自分に合った圧力のものを見つけましょう。

また、先ほども書きましたが、連日着用し続けるのではなく、週に数日はお休みの日を作りましょう。

今一番売れているのがオールインワンの着圧タイツ

ちょっと前までの着圧タイツは基本的に太ももとふくらはぎにしか対応していないものばかりでしたが、最近はウエスト、骨盤、太もも、ふくらはぎの全部に対応したオールインワンタイプの着圧タイツが圧倒的に人気です。

ウエストや骨盤までに対応しているから骨盤ベルトとかガードルなんかも不要になるし、着圧ソックスも要りません。一つでむくみ解消もリンパマッサージ効果も、骨盤矯正も、姿勢矯正も、ツボ押しも、加圧トレーニング効果も・・・

全部に対応しているからバカ売れするのは当たり前ですね。

現に以下で紹介しているグラマラスパッツは入荷まで2か月くらい待たないと手に入りません・・・

入荷した瞬間にあっという間に売り切れてしまうので、少しでも早くに欲しい方は今の内に注文だけはしておくことをオススメします。

エステ女子

私が2年くらい前に買った着圧タイツは、こんな高機能じゃなくてもっとショボかったわ。お腹や骨盤までケアできるようになってるのね。さすがに最新のオールインワンの着圧タイツに買い替えたわ。

着圧タイツ・着圧レギンスの人気ランキング!

グラマラスパッツ

売れすぎ!くびれと下半身ケアがたった1枚でOK!

グラマラスパッツはむくみ解消、太ももとふくらはぎの引き締め、ヒップのたるみ対策、骨盤や姿勢矯正、ウエストのくびれなどが1つで全部ケアできる優れもの。ハイウエスト仕様で全体のスタイルアップが目指せるオールインワンの加圧インナーです。3着以上の注文でグラマラスパッツ・ナイトスリムも無料プレゼント!入荷したら瞬時に売り切れてしまうので注文だけはしておきましょう。

価格 通常:3,990円
3着セット:11,880円
ブラック
サイズ M-L:ウエスト64~77cm/ヒップ87~100cm
L-LL:ウエスト69~85cm/ヒップ92~105cm

 

この投稿をInstagramで見る

 

michi(@micmic_diet)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

”’ . . . 最近お気に入りの #グラマラスパッツ ⋆ . . . かなりハイウェストなので、 下半身とウエスト同時に密着サポートしてくれます☻ . . . TVや雑誌にも取り上げられててかなり人気な加圧スパッツ!!! 人気過ぎて早く予約しないとどんどん手に入るのが先になっちゃうってくらい人気 . . . 加圧って書いてあるから結構キツいのかと思いきや 丁度良い締め付け感 おうちにいる時はもちろん ワイドパンツの中にもはいてお出かけしてます . . . ハイウェストの部分を折り返して骨盤矯正を強化して使ったりもしてます✶* これが結構気持ちよくてお気に入りポイント⚠︎ . . . ナイトスパッツもgetしたよ これも夜だけでなく普段からはいてます✶* . . . はき続けて効果をレポしたいと思います♥︎ . . . TOPのリンクにURLを貼ってますので気になった方は見てみて下さい☻ . . . #グラマラスパッツ #加圧スパッツ #加圧レギンス #加圧インナー #産後ダイエット #骨盤矯正 #ダイエット #2児ママ #男の子ママ #美容 #レギンス

(@yuuu_liii_h_)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

か(@___kqzqnchu___)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

໒꒱(@ari_gram_111)がシェアした投稿


プレミアムスリムスキニーレギンス

履いた瞬間-5cm!オールインワンで日本製!

プレミアムスリムスキニーレギンスは足首から骨盤まで6段階の着圧設計で下から上までしっかりと引き締める事ができるオールインワンの着圧レギンス。リンパの部分を刺激する設計で履いて寝るだけでむくみの原因である老廃物を排出して翌朝はスッキリ。安心の日本製で品質も良く丈夫で長持ちするのも人気のポイント。

価格 通常:3,270円
3着セット:9,810円
ブラック
サイズ フリーサイズ:ヒップ85~98cm相当

 

この投稿をInstagramで見る

 

.(@mayu19900323)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hippo(@maiko.sinig.i)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

えみ(@eemiri)がシェアした投稿


スラライン

24時間着用OK!オールインワンの着圧タイツ!

スララインは日中も就寝時間も24時間使ってもOKなオールインワンの着圧タイツ。5段階の着圧で骨盤、ぽっこりお腹、太もも、ふくらはぎをしっかり引き締め!3種類のむくみ対策設計でむくみもしっかりと解消します。蒸れにくい特殊繊維を使用で履き心地も良し。

価格 通常:3,980円
3着セット:9,980円
ブラック
サイズ フリーサイズ:ウエスト64~77cm/ヒップ87~100cm

 

この投稿をInstagramで見る

 

satamisa(@belindy_satamisa)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

satamisa(@belindy_satamisa)がシェアした投稿



イージースリムレッグ

ヨガインストラクターが監修!下半身ダイエットに強い着圧タイツ!

イージースリムレッグは20万人以上が愛用しているヨガインストラクター監修の人気着圧タイツ。ヨガ理論に基づいた設計で特に下半身ダイエットに強い着圧タイツ。もちろん普段使いのファッションアイテムとしても利用可能。今話題のレギンス入浴にも効果的に使えます。

価格 通常:3,480円
3着セット:8,300円
ブラック
サイズ フリーサイズ:ウエスト64~77cm/ヒップ87~100cm

 

この投稿をInstagramで見る

 

山岸奈津美(なつみん)(@0916_natsumi)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

akane プチプラコーデ ㌘(@and_lalala_ootd)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

mimi(@mimi281281)がシェアした投稿


エクスラリアプレミアム

ミスユニバースでも公式商品に認定された着圧タイツ!

エクスラリアプレミアムはツボを意識した加圧効果で美脚を作るところに力を入れた着圧タイツ。一般社団法人パーソナルトレーナー協会にも公認されている商品。日中に履いても寝る前に履くだけでもOK!3枚セット購入ならエクスレンダーも1枚プレゼント!

価格 通常:4,980円
3着セット:11,880円
ブラック
サイズ M:ヒップ87~100cm
L:ヒップ92~105cm

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shinobu Takeda(@takedashinobu)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

美咲(@m.i.s_a.k.i)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

e m i(@emi995eri)がシェアした投稿


上記で紹介した5種類の着圧タイツなら、全てオールインワンタイプの着圧タイツで外れはないので正直どれを選んでも問題はないので後は好みの問題になるかと思います。グラマラスパッツが一番人気ですが売り切れで買えない場合は、他の着圧タイツでも問題なく代用可能です。

着圧タイツはいつ履けば良い?

着圧タイツは正しく履こう

着圧タイツは、長いものでも短いものでも、まずは足首をしっかり合わせるのが重要なポイントです。一般的に足首部分に1番強く圧力がかけられているので、そこが基準になります。

それからつま先とかかとの位置を確認して、余裕があるかどうかを確かめます。つま先とかかとは圧力を逃がす場所なので、そこには締め付けはないはずです。

つま先に強い圧力がかかると、巻き爪などのトラブルも考えられますので、注意して下さい。

足首から下が定まったら、あまり生地を引っ張らないようにゆっくりふくらはぎに沿わせて引き上げ、長いものは太ももの付け根の位置が合うかどうか確認すればうまく着用出来ます。

補正効果のあるものは、お腹やお尻の肉が適度に持ち上がった状態になるよう整えましょう。

丸1日は着用しない

着圧タイツは、24時間、丸1日着用するのはオススメ出来ません。

日中立ち仕事やデスクワークで動けない人は日中着用するのが効果的ですが、家に帰ったら足を解放させてマッサージしてあげましょう。また、むくみがひどくない日に無理に履く必要もありません。

脚の疲れが溜まって来て、足がだるくなりそうな時にだけ使うのが良い方法です。肌の調子を見ながら、かゆみや湿疹など出ないように適度に遣いましょう。

足の筋肉をメインに

着圧タイツがやっている役割は、本来は足の筋肉が行うべき仕事です。

筋肉は疲れすぎるとうまく収縮出来なくなるので、足を酷使する時には着圧タイツをうまく使うのは有効です。ただ、着圧タイツは包帯やサポーターのようなものなので、ずっと頼っていると本来の足の機能が低下してしまいます。

あまり足を甘やかさず、適度に運動して筋肉を鍛え、サポートが無くてもむくんだりしない足を作ることのほうが重要です。女性は生理前に特に循環が悪くなる人が多いので、そうした体のリズムに合わせてうまく使い分けるのがベストでしょう。

妊娠中は体調によってあまり動けない日などに活用すると楽に過ごせます。

着圧タイツで寝ながら足痩せ?

着圧タイツはを寝る前につけて寝ると、翌朝足がスッキリ細くなっているというのが大きなメリットの一つ。就寝中の着圧タイツについてまとめてみましょう。

基本的には寝る前につけても問題なし

1度でも着圧タイツを履いて寝ると大変な事になるというわけもなく、基本的には履いて寝ても問題はないでしょう。ただ、問題は締め付けの強さで、「その人にとって」強すぎる着圧タイツを履いて寝るのは、あまりオススメ出来ません。

その人にとってとしか言いようがないのは、足の太さや状態、むくみの症状などさまざまな条件で圧力の感じ方は異なるからです。強いて言えば、「締められてる」と感じないくらいのレベルに留めておくのが無難。

数値で言うと、一般的には20mmHg以下とよく言われますが、これもあくまでも一つの目安でしかありませんので、履いてみて少しでもきついと感じるものは避けるようにしましょう。

寝るなら履くな、履くなら寝るな?

着圧タイツなど圧力がかかるソックスは、日中履いたなら夜は履かない、夜履きたいなら日中履かないといった工夫が必要です。

つまり、おおむね半日ごとに足を解放するというイメージ。履いて寝るほうをメインにしたいなら、日中はなるべく履かないようにしましょう。

着圧タイツの長さに注意

着圧タイツなどを履いて寝る場合、長さに注意しないと、履いていない部分にむくみが集中する場合があります。例えば、ふくらはぎまでのものを履くと、そこから上、太もも部分が異様にむくむといった状態になる場合があります。

あまりしめつけないものであればそこまでにはならないと思いますが、なるべく全体的に覆って、締め付けすぎないようにしたほうが良いでしょう。

ソックスのゴム部分が肌に食い込んで、昼過ぎまで痕が残るような最悪の事態にもなりかねません。

着圧タイツは夜にも使用できるものを!

着圧タイツは寝ている時に利用できるものは、しっかりと明記されているのがほとんどです。ただし、着圧の締め付ける力が強いものの中では夜に使用できないものもあるので注意しましょう。

寝るときに使用するとむくみ解消効果の他に冷えで寝付けない人にもオススメ。冬はもちろんですが、夏場であっても空調などの影響で冷え対策に使用している人もかなり多いです。