エステ体験なら痩身エステも脚やせエステも安い

エステに通う間隔・頻度はどのくらいがベスト?痩身とフェイシャルで違いはある?

エステに通う頻度は、「スタッフにアドバイスを受けた通りにしたい。」と思うかも知れません。

でも、1回あたり最低1万円はかかるエステだと思うと、費用のことも考えてしまうでしょう。

つまり、エステに通う頻度は、効果と費用のバランスを考えるとなかなか結論が出しにくいものです。では、一般的にはどのくらいの頻度で通うのが良いのでしょうか。


痩身エステに通う頻度は?

週に1回通うことを勧められることが多い?

エステに通う頻度はエステサロンによって異なるものの、一般的には週に1回のケアを勧められることが多いです。

あるいは、月に1回とか2~3週間に1回なんて言うサロンもあります。目標を達成するためには、数ヶ月間通う必要があります。

正直な所、エステの効果はサロンの施術によっても、その人の体質によっても変わってくるもので、一概に「このくらいの頻度で何ヶ月通うのがベスト!」と言うことは言いきれません。

まずは、サロンで話を聞いて、具体的なアドバイスを受けてみるのが良いでしょう。

もちろん、「提案してもらった計画が、時間的にも費用的にも無理!」と言う場合には、無理に計画を実践する必要はありません。

最終的には、スタッフのアドバイスは参考程度に、時間的にも費用的にも無理のない範囲で自身でエステに通う頻度を決めましょう。

次のエステまでの期間が空きすぎる方は、自己管理をしっかり!

1回あたり最低1万円~、施術時間も1時間程度かかるエステは、忙しい方は1ヶ月に1度通うことさえ厳しいと言う方もいるでしょう。

こんな方は、数ヶ月に1回の頻度でダイエットの気分転換のつもりでサロンに通ってみるのも良いでしょう。

ただ、次のエステまでの期間が長く空きすぎてしまうので、生活習慣や食生活などによく注意して自己管理をしっかりと行う必要があります。

逆に言うと、自己管理さえしっかりと出来れば、数ヶ月に1回の頻度でも十分理想体型に近づくことが出来るはずです。

数ヶ月に1回のエステで週に1回通っている人との差を埋めるためには、やはり努力しかありません。

エステに通う頻度に、「絶対にこうしなければならない。」と言うものはありません。

時間や費用での心配事もなくリラックスして通えるのが何よりなので、スタッフの提案してくれた計画は参考程度に、自身の時間や予算に合った頻度で心地良くエステを受けましょう。

もちろん、頻度が少なければ少ないほど、自己管理をしっかりすることも忘れないようにしましょう。

フェイシャルエステはどのくらい通うべき?ペースは?

フェイシャルエステと聞けば、芸能人やお金のあるセレブ達が受けているイメージが強いものですが、近年ではお手頃価格のメニューを用意しているサロンも増えてきており、興味のある人が気軽に手を出せるものになりつつあります。

一昔前に比べ、美への意識がより一層身近なものとなってきているため、男性向けのメンズ専用エステも見かけるようになったほどです。

通う目的はリラクゼーションだったり、アンチエイジングだったり、その他ニキビやシミといった肌トラブルの改善だったり、人によって様々ですが、そもそもフェイシャルエステはどのくらいの頻度で通うのがベストなのでしょうか。

当然お金がかかるものなので、あまりにも頻繁に通うのは難しいし、逆に間隔を開けすぎると本来の効果が得られないのでは?これからフェイシャルエステを利用してみたいと考えている人にとって、これらの不安要素が付き纏いますよね。

そんな人のために、今回は目的別のフェイシャルエステに通う理想のペースをご紹介しますので、是非参考にしていただければと思います。

基準とすべきもの

まず頭にいれておきたいのが、肌の新陳代謝、すなわち「ターンオーバー」についてです。これは分かりやすく言うと肌が再生する周期のことで、およそ28日間隔で体の内側から新しい皮膚へと生まれ変わるとされています。

この過程での施術を繰り返し行うことにより、トラブルを抱えた肌が外部へ押し出され、やがて健康的な角質のバリアを生成することができるのです。

ではターンオーバーに基づき、目的別に施術の頻度をチェックしていきましょう。

リラクゼーション目的

疲れが溜まったと感じる時に行くのがベストではありますが、だからと言ってあまり頻繁に通うのは肌に過剰なダメージを与えることになるためNGです。

特に気になる肌トラブルもなく、単なる息抜き目的であれば、一ヶ月に一度自分へのご褒美感覚で行けば十分ではないでしょうか。

アンチエイジング目的

シミやくすみ、シワにたるみ、どれも老化に伴い悩まされる憂鬱な症状ですよね。

これらを少しでも改善するために、レーザー照射によるシミやくすみの治療を採用しているサロンも多く見かけるようになりました。こちらは肌への負担も考慮し、月に一度を目安にしているサロンがほとんどのようです。

また、シワやたるみに関しては、言ってしまえば施術を受ければ受けるほど改善が早まる傾向があるので、週二くらいのペースで通うに越したことはありません。ある程度症状が改善されてきたら、頻度を落としてみると良いでしょう。

本来ならば、このような症状に頭を抱える年齢の人は、メンテナンス目的として週一回はサロンに足を運ぶのが理想的です。自分の肌の経過状態を観察しつつ、無理のない範囲で来店頻度を調節するようにしてくださいね。

その他肌トラブル改善目的

例えば乾燥肌や不安定な女性ホルモンのせいで、ニキビに悩まされている若い女性もフェイシャルサロンにお世話になりたいと考えていたりしませんか?

社会人になれば金銭的にも余裕がでてきて、オシャレのためにお金を使える年頃である20代ですが、肌にとっては免疫力も再生力も高い全盛期です。

なので、フェイシャルサロンを受けるにしても月に一度くらいに留めておきましょう。

若いうちから本格的な施術に甘えてしまうと、肌老化が早まってしまう恐れがあるので、よほど深刻な肌トラブルの治療目的ではない限り、お家でのケアで20代の美しい肌を維持するようにした方が良いですよ。

残念ながら、生きていく以上肌は着実に老化していきますので、脱毛のように指定の回数を行ったら終わり、というわけにいかないのがフェイシャルエステです。

キレイになってきたからもう通わなくて良いや、と手入れを怠れば、加齢と共に通う前のような状態に戻ってしまうなんてこともザラにあります。

また、人間の肌はデリケートなものですので、その時の肌の調子によっては、次の施術日を改める必要がある場合もでてきます。これらの情報を踏まえたうえで、専門知識のあるエステティシャンとその都度相談し、しっかりと納得のいくプランを立てることをオススメしますよ。

エステ女子

早く痩せたいとか早く綺麗になりたいって思っても、あせって連続で通うのはあまり意味がないって事ね。休息も重要って事だわ。