痩身エステ・脚やせエステお試し体験

酵素が多い食品・食べ物特集!果物(フルーツ)や野菜など食事で酵素を活性化

食物酵素は食品の中に含まれる酵素です。私たちが普段食べているものの中には、健康や美容に良い酵素が含まれているんですね。

せっかくですから、たくさんの酵素をいただくために、どういった食品に食物酵素が多いのかを知っておきましょう。胃腸の負担が軽減されるので、なんとなく調子が悪いという時にもオススメです。


酵素の多い食品・食べ物で酵素を活性化

酵素の含まれた食物を食べることで健康になりたいという人は、酵素の多い食品をリストアップして食卓に並べるようにすると良いでしょう。

ただし、酵素は熱に弱いと言われているので、なるべく生のまま摂取したいですね。そうなると、ちょっと食品は限られて来ます。

実はフルーツが多いのですが、フルーツには果糖がかなりたくさん含まれるので、食べ過ぎると今度は糖分の摂り過ぎで太ってしまうことが懸念されます。何事もバランスですので、フルーツばかりを偏って食べる生活が良いわけではありませんよ。

酵素を食事で摂取するなら新鮮な生野菜がベスト!

特に食物酵素をたくさん含んでいるのは、新鮮な生の野菜です。

酸化されてしまうと効力が失われてしまうので、野菜を買って来る時には、カットされていない丸ごとの状態で買いましょう。

特に酵素を多く含むのは、大根、アボカド、にんじん、キャベツ、ブロッコリー、トマト、ピーマン、レタス、玉ねぎなどです。

加熱すると失われてしまうので、生でいただくほうが理想的なのですが、ちょっと生では食べにくい野菜もありますし、体を冷やしてしまう作用もあるので、火を入れすぎないようにして上手に摂取しましょう。

大根

日本人におなじみの大根は、デンプンを分解するジアスターゼを含んでいます。魚介類にも肉にも合うので、是非たくさん食べたいですね。

アボカド

アボカドは最近日本でも普通に見かけるようになった野菜ですが、脂肪を分解するリパーゼを多く含む貴重な食材です。脂肪分の多いマグロなどと一緒に食べるとよく合いますね。

にんじん

にんじんも酵素を含む野菜で、緑黄色野菜なのでベータカロチンも豊富です。

アブラナ科の野菜

アブラナ科の葉物野菜はビタミンCやカルシウムが多く、最近ではグリーンスムージーなどでも人気ですね。小松菜、ほうれん草、野沢菜、菜の花などたくさん食べましょう。

・酵素が多いおすすめの生野菜

大根、アボカド、にんじん、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、キャベツ、ピーマン、レタス、玉ねぎなど

美味しいフルーツも酵素が多く含まれる食品

フル-ツ大好きな女性は多いですが、美容にも健康にも良いので嬉しい食品ですよね。

酵素の量も多く、特にバナナやマンゴー、パイナップル、キウイなどのパッションフルーツにはたくさんの食物酵素が含まれます。

また、日本でも昔から「医者いらず」と呼ばれるりんごは、酵素たっぷりの果物。たくさんいただきたいところですが、やはり果糖は大量に摂取すると太りやすいので、量はバランスを見て下さい。

キウイ

たんぱく質を分解する酵素であるアクチニジンという物質を多く含むのがキウイです。実はゴールデンキウイよりも普通の緑色のキウイのほうがたくさん含まれるので、酵素に注目するなら緑色のほうを選ぶと良いでしょう。

パイナップル

パイナップルは肉を柔らかくすると言われてよく酢豚などに入れられますが、たしかにたんぱく質を分解するブロメラインという物質を多く含みます。
ただし肉に作用させるなら、生の状態でしばらく一緒に漬け込むような使い方が良いでしょう。

メロン

メロンはたんぱく質を分解するククミシンという物質を多く含みます。カリウムも多いのでデトックスにも効果が期待出来ます。

バナナ

バナナは炭水化物に多く含まれるデンプンを分解するアミラーゼがたくさん含まれています。実は黒く変色しているほうが酵素が多い状態です。

りんご

りんごも酵素を多く含みます。ビタミンやミネラルの宝庫で、「りんごがあれば医者いらず」「りんごが赤くなると医者が青くなる」と昔から言われるほど。

レモンなどの柑橘系

レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系も酵素をたくさん含むフルーツで、抗酸化作用にも優れているので積極的に摂りたい食品です。

・酵素が多いおすすめの果物・フルーツ

キウイ、パイナップル、メロン、バナナ、マンゴー、りんご、レモン、オレンジ、グレープフルーツなど

日本のお家芸、発酵食品も酵素が多い!

誰もが良く知っている発酵食品は、酵素が活かされた健康食品です。

日本と言えば味噌、醤油、納豆、ぬか漬けですが、こうした発酵食品ほどたくさんの食物酵素を含む食品はありません。とても理想的な食品ですから、是非食べましょう。

もう一つオススメなのが、日本食にピッタリの「お酢」です。

実はお酢には食物酵素は含まれませんが、一緒に食べると食物酵素を活性化させてくれる働きがあるのです。「大根とにんじんのなます」なんて、素晴らしい酵素食品なのですね。

味噌、醤油、納豆、ぬか漬けの他にも、ヨーグルトや豆乳なども是非活用しましょう。

・酵素が多いおすすめ発酵食品

味噌、醤油、納豆、ぬか漬け、ヨーグルト、豆乳など

一緒に摂りたい補酵素たち!

上記のお酢のように、そのものに酵素が含まれなくても、食物酵素の良さを引き出してくれるものはたくさんあります。

ビタミンなどの補酵素もその一つ。

「補」酵素と言うように、酵素と補酵素とは一緒に働くことで莫大な相乗効果を生むのです。体内で物質を運んだり、化学反応したりするのに必要な材料。

オススメはビタミンB群の多い大豆や海藻、ネギ、にんにくなどの薬味、まぐろ、イワシ、カツオのような青魚です。

・補酵素としておすすめの食品

大豆、海藻、ネギ、にんにく、まぐろ、イワシ、カツオなど

酵素は熱に弱いから注意

酵素は一般的に熱に弱いことが知られていますよね。

これは確かに事実なので、野菜やフルーツは新鮮なものを生のままで食べたほうがより良いことも確かでしょう。

すでに加工段階で、食物酵素としての活性を失ってしまっているような食品やサプリメントは、ちょっと避けたいですね。酵素と熱についてまとめてみましょう。

酵素は熱によって無意味に・・・

酵素はたんぱく質の一種だと説明しましたが、たんぱく質は基本的に熱に弱く、比較的強いものでも70度くらいで活性を失ってしまいます。

一般的には50度程度で限界ですから、野菜やフルーツは常温で生のまま食べましょうと言われています。こうしたことを踏まえると、清涼飲料水として販売されているドリンクには、食物酵素は含まれないと考えたほうが良いでしょう。

清涼飲料水は製造過程で85度以上に加熱処理しなければいけないという法律があります。特別な製法で作られた加工食品でない限り、食物酵素は有効性を失っていると考えるのが妥当です。

酵素学上では加熱処理されてすでに活性を失った酵素を摂取したとしても、全くの無意味という事になります。

太っているの状態は代謝酵素が不足している典型です。代謝酵素が体に不足してしまっている状態な事によってドンドンと脂肪が体に溜まっていって太ってしまうのです。

代謝酵素に余力を残してあげてより働かせるためには、できるだけ消化酵素を使いすぎないようにする事が大事。よく「腹八分目がいいよー」と言われているのも、消化酵素を使いすぎないようにするという事に繋がってきます。

熱に強い酵素もある!?

それでは熱にも酸にも強い酵素というものは存在しないのでしょうか?

実は「エンザミン」という物質があるのですが、エンザミンは正しくは酵素ではないものの、酵素を作る材料として働く物質です。

エンザミンは納豆菌類から開発された納豆菌類発酵代謝エキスなのですが、酵素よりも低分子化されていて、熱にも酸にもとても強いという特徴を持っています。

しかもその耐性は100℃を超えるというのですから、すごいですよね。

加工食品として製品化されても有用性を失わず、体内で胃酸にも分解されないので、酵素ドリンクなどに使われている物質です。エンザミンを発見したのは、1977年、医学博士の赤澤一三博士です。

なんと日本の研究者だったんですね。

病気治療に使われる抗生物質が、必要菌まで殺してしまう作用を抑えるために、微生物の培養を始めたのがキッカケとのこと。バラバラの酵素の素を摂取して、また体内で再結合させる方法を思いついたとのことで、すごい発見です。

現在ではサプリメントやドリンクに配合され、私たちの手にも届く商品になっています。酵素としてはちょっと特別な存在ですが、是非チェックしてみたいですね。