エステ体験なら痩身エステも脚やせエステも安い

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方は?内臓脂肪を燃焼させて最速で落とす方法!

脂肪と言うと何でもひとくくりにしてしまいがちですが、体についている脂肪で思いつくのは何でしょうか。体脂肪と答える人もいるでしょうが、脂肪は大きく分けて内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があります。

病気などの原因になりやすいのは内臓脂肪だと言われていますが、見た目に問題が大きいのは皮下脂肪。それぞれどういう特徴があって、どうやって落とせばいいのでしょうか。


内臓脂肪と皮下脂肪の違いを解説!

内臓脂肪と皮下脂肪はその名の通り、内臓についている脂肪と、皮膚の下についている脂肪です。実は脂肪がつきやすいタイプがあり、男性はホルモンの関係から内臓脂肪が、女性は皮下脂肪がつきやすくなっています。

内臓脂肪って何?

内臓脂肪は内臓の周りにつく脂肪で、パッと見分かりません。脂肪肝と言えばわかりやすいでしょうが、放っておくと病気を引き起こしやすい脂肪のことです。

内臓脂肪は男性の方がつきやすいと言われています。中年太り、ビール腹、ポッコリお腹などと言われますが、とにかくお腹周りにつきやすく、アルコールや脂っこい食事ばかり摂取する人は内臓脂肪がつきやすいです。

ただ、比較的分解されやすい脂肪で、落としやすい脂肪とも言われています。

皮下脂肪って何?

皮下脂肪は特に女性につきやすいと言われている脂肪で、全身の皮膚の下に付きます。皮下脂肪は外から見てはっきりと分かり、特にお腹にはつきやすく、蓄積されてしまう脂肪です。

二の腕、背中、お腹、お尻、太ももなど全身がふっくらしますが、一度付くと分解されにくく、セルライトなどになって非常に厄介な脂肪です。それぞれの脂肪は役割もつき方も違い、対策方法にも若干違いがあります。

もちろん、現代社会においては内臓脂肪に悩む女性もいれば皮下脂肪に悩む男性もいるのが特徴です。なおダイエットやエステのコースなどでよく聞かれるセルライトは皮下脂肪の一種です。

内臓脂肪の落とし方は?

内臓脂肪がついている人でもぱっと見では分からないため、皮下脂肪が多くなければ分からないことが多いです。いわゆる隠れ肥満の人で、見た目は細いのに体脂肪を計測したら内臓脂肪のせいで脂肪が多いと言うこともあります。

健康診断で体脂肪率が分かりますので、チェックしておくことが大切です。

内臓脂肪は食事や生活習慣によってつくタイプの脂肪ですから、生活習慣を正せば落とすことができると言われています。特に食事を気を付けることが重要で、内臓脂肪を落としたいなら食べる量を減らす、食べる内容を変える、お酒を控えるといった対策が必要です。

また、特に有酸素運動が内臓脂肪を落とすのに有効と言われています。
有酸素運動はウォーキングやジョギング、ヨガや水泳などが挙げられますので1日20分以上の運動習慣を取り入れるといいでしょう。

きちんと燃焼して使い切れば比較的すんなり落とすことが可能です。ただし、ずっとコツコツ続ける必要があり、3日坊主でやめてしまったり、中抜けしてサボったりすると効果はほとんど無くなります。

忙しくて運動をしている暇はないという方は、通勤時に体を使ったり、日常生活でとにかく燃焼させる動きを続けることが必要です。また食生活も見直し、脂肪の付きにくい体を目指してみてはいかがでしょうか。

皮下脂肪の落とし方は?

内臓脂肪と違って、非常に落とすのが難しいのが皮下脂肪です。気付かないうちに段々とついていく脂肪ですから、気が付いたら太っていたと言うこともあります。

短期間ではまず燃焼しません。食事を換えてもあまり効果が無い場合も多く、ダイエットに挫折しやすい脂肪です。

そんな皮下脂肪を落とすためには消費カロリーを増やすことが大切です。

とにかく根気よく、摂取エネルギーより消費エネルギーを多くする生活を年単位で続けることが重要。

内臓脂肪と類似点も多いのですが、運動する習慣を身に着けることで代謝が上り、痩せやすい体質へと変わります。代謝が上がれば基礎代謝も上がり1日の総消費カロリーが増えるからです。特にデスクワークなどで運動量や活動量が少ない方は、休憩時間にストレッチをするなど体を動かしてみるといいでしょう。

この時食べる量も増やしてしまうと体型に変化は起こりませんから、摂取するカロリーが消費カロリーより多くならないよう気を付けてみてください。

食事日記をつけるのもいいでしょう。1週間分の食べたものを記録し、見直せば無駄に食べている時間や食品があるかもしれません。皮下脂肪対策を本気でやってやる!くらいの覚悟が出来たら、きっと成功します。

また、お勧めなのは有酸素運動と無酸素運動を両方組み合わせたエクササイズです。最近のジムでも人気ですが、いろいろなタイプのエクササイズを一定時間ごとに次々と行うサークル式のエクササイズが効果が高いと言われています。

筋肉をつけて基礎代謝をアップさせることも重要。

有酸素運動と筋肉トレーニングを組み合わせると、脂肪燃焼が早くなります。また、皮下脂肪を溜め込みやすい体質の人は、リンパケアも効果がある場合があります。リンパケアはリンパマッサージではなく、筋肉をゆるめて間質リンパ液を正常に流す方法です。

同様にストレッチやヨガも効果的だと言われています。

皮下脂肪はなかなか落ちませんが、継続した運動と生活習慣の改善でゆっくりと落ちていく脂肪です。諦めずに継続することが大切ですから、ダイエットをしたい、脂肪をどうにかしたいという方は続けることを目標にしてみてください。

有酸素運動と無酸素運動で内臓脂肪を落とす

有酸素運動ってなに?

有酸素運動は酸素が必要な運動であり、体のなかに取り込んだ酸素を使用して脂肪や糖を燃やし、エネルギーを産生します。軽度~中等度の負荷で、長時間にわたって続けて行なうことができます。

実践していてややきついと感じたり、息が弾んだり、少し汗ばんだりする程度で行なうことにより、高い燃焼効果を得ることができます。

主な有酸素運動としてはウォーキング、ジョギング、スイミング、なわとび、自転車こぎなどがあります。どの方法も、深く呼吸をして酸素を取り込みながら、徐々にエネルギーを燃焼する運動です。

20分以上継続するのが効果的とよくいわれますが、一度に20分以上行なうのではなく、5分や10分の有酸素運動を1日のうち何度かにわけて行なうことによっても、燃焼はされます。

また、運動は3日以上の間隔があくと効果が失われてしまいます。したがって、毎日の継続は無理でも1週間のうち3日以上は行なったほうがよいでしょう。

無酸素運動ってなに?

無酸素運動は有酸素運動とは反対に、ほぼ酸素の不要な運動です。

有酸素運動は体内に取り込んだ酸素を使って脂肪や糖を燃やし、エネルギーを産生しますが、無酸素運動では糖質のみからエネルギーを産生する割合が高いのが特徴です。

無酸素運動は短い時間で強い力が要る運動であり、主な方法としては短距離走、腹筋、腕立て伏せ、スクワットなどの筋力トレーニングがあります。無酸素運動を行なうことにより、筋肉量を多くすることが可能です。

また、筋肉量が増加することにより、基礎代謝が高まる効果も得られます。

内臓脂肪と皮下脂肪を落とすにはどちらが効果的?

結論から先にいいますと、有酸素運動と無酸素運動は両方やったほうがいいです。

有酸素運動だけでも、行なった分だけ体のなかにある脂肪と糖がエネルギーの消費に使用されます。そのため、有酸素運動のみ行なう形でも、蓄積された脂肪を燃焼することによるダイエット効果は期待できます。

ですが、摂取したエネルギーを有酸素運動のみで使いきるには、相当な時間と労力が要求されます。

よって有酸素運動だけでは即効性は期待できず、満足のいくレベルにまで達するには、個人差はあるものの長期間かかることを覚悟しなければいけません。

また、有酸素運動だけでは基礎代謝が高まることがなく、非運動時に余っているエネルギーが消費されることもないです。

基礎代謝はなにもせずにじっとしていても消費するエネルギーで、呼吸、臓器の活動、体温のコントロールなどの生命活動に使われています。1日あたりの総エネルギー消費量のうち、基礎代謝が占める割合は60~70%ともいわれ、運動しているときのエネルギー消費量に比べてはるかに多いのです。

有酸素運動&無酸素運動の組み合わせで得られる効果

有酸素運動にはすでに述べたように、徐々にエネルギーを燃焼させる効果があります。長く行なえば行なうほど、体のなかにある脂肪や糖がエネルギー消費のために使用されます。

体内に蓄積した余分な脂肪を燃焼させることによる、ダイエット効果が期待できます。また、糖が余分にあると中性脂肪に変換されて、太ってしまうことにも繋がります。

有酸素運動では糖も一緒に使用されることになるため、中性脂肪への変換を防ぐ効果もあるといえます。そのほか、下半身の大きい筋肉を使用する運動であるため、血液の循環がよくなって、美肌効果やむくみを改善する効果も望めます。

一方、無酸素運動には基礎代謝を高めて、眠っているときや安静にしているときなど、運動していないときのエネルギー消費量を多くする効果があります。この効果により、やせやすく太りにくい体質が手に入ります。

また、筋肉量が増加することにより、メリハリのあるボディを作る効果も期待できます。

ふたつの運動を組み合わせる場合には、無酸素運動をしたあとに有酸素運動をするのが効果的です。無酸素運動により成長ホルモンの分泌が起こり、脂肪が燃焼されやすい状態ができるためです。そのほか、無酸素運動の効果を高めるには、無酸素運動後30分以内にアミノ酸を補給するのがおすすめです。

内臓脂肪と皮下脂肪を最速で落とす方法

年単位で継続して脂肪を落とすとか無理・・・っていう人にオススメなのがサーモシェイプと言う脂肪溶解で有名な施術です。

脂肪は温められると溶解するという特徴があるので、サーモシェイプというマシンでラジオ波を照射して内臓脂肪と皮下脂肪の温度を上昇させ不要な脂肪だけを溶解させて排出させるという仕組み。

サーモシェイプは1回受けるとその効果が数週間持続するので約2週間~3週間に1度のペースで通うだけで良いです。忙しい人でも通いやすいのも人気になっているポイントです。

しかもエステサロンのBloom(ブルーム)さんが、たった9,000円でサーモシェイプを5回も受ける事ができるプランのキャンペーンをやっています。気になる人は以下のサーモシェイプのページから確認してみてください。

サーモシェイプ体験エステが安い!効果が高いサーモシェイプdeepで脂肪を溶かす