エステ体験なら痩身エステも脚やせエステも安い

エステサロンの料金の支払い方法!都度払いに対応したエステってある?

エステに通いたい気持ちはあるけど、勧誘や高額な支払いが不安。また、体験は何度かしたことがあるけど…契約まで踏み切れない!なんて思ったことありませんか?

確かに、無理な勧誘や高額なコースの契約を行うサロンもあるかもしれませんが、全てのサロンがそうと言う訳ではありません。

どのような支払い方法があるのか、知ることができればサロンに通う決心がつくかもしれませんよね。そこで今回は、エステの支払い方法について紹介していきたいと思います。

1、現金一括払い

まずはエステの支払いでは誰もが耳にしたことがある、一括払いです。

自分が通いたいと思ったコースの金額を、一度で支払ってしまうというもの。最初に支払いを済ませているので、通う毎に支払わなくて良いので安心です。ローンではないので、金利も気にすることなく通えます。

また、一括ですから一回一回支払うよりも金額が抑えられているのも良い点ですよね。その事から、集中してエステに通うことが可能です。

一方で悪い点として、支払いを済ませてから通い続けることになるのでサロンのサービスに不満が出たり、効果があまり実感できなかったりしても回数分の施術が終わるまでは通うのを辞めることができません。

そのうえ、エステが倒産してしまったり自分が通えなくなってしまったりした時に、返金がされない場合があることです。なお、エステが倒産してしまった際の返金については契約書に明記されている場合もあるので、しっかりと確認してみましょう。

2、月額支払い・定額支払い

月に○○円と決まった金額で通えるというもの。近年では月額支払いで「通い放題」と、うたっているサロンも増えていて高額な支払いをせずに気軽に通うことができます。また、辞めたいと思った時に辞められるというのも良い点ですね。

しかし、月額制と言っても満了期間までの回数を設定して月額で割るというものもあるので、実際は「分割払い」と同じになってしまうものもあります。

こういった場合は辞めるのにも解約手数料がかかってしまうので、注意が必要です。(主に脱毛サロンや痩身エステなどに多いようです。)

3、ローン支払い

エステの支払いといえば!と思う方も多いでしょう。どうしても、コースによっては高額なものもあります。もちろん一番は一回で払えてしまうことですが、なかなか難しいですよね。

したがって、ローンを組むということになります。

サロンによってローンを組む方法は複数あります。一番私達の身近にある、一般的なものだと「クレジットカード」ですよね。

そして「エステと提携している信託会社」で組むもの。または「ビューティーローン」です。なお、ビューティーローンは銀行なども行っていて低金利であったり、限度額がやや高めに設定されていたりするものもあります。

ローン支払いは手元に現金が無くても、手軽に契約できてしまいますが、金利が必ず発生するので元々支払う金額にプラスされてしまいます。金利が高いところもあるので、長い目で見て支払いが負担になることが無いかなど良く考えて契約すべきでしょう。

4、都度払い

1回○○円というその時にエステを受けて金額が発生する支払い方法。一番顧客にとって容易な支払い方ですよね。

決められた金額を支払えば良いので、もしサロンと相性が合わなかった場合でも、解約金が発生せずに違うサロンへ行くこともできます。

また、自分のペースでその時受けたいコースを受けることができる(サロンによっては決められたコースしか受けられない場合もあります)ので、自分のお財布と相談しながらサロンに行くことができます。

ただし、1回の施術料金が高くなってしまうところや、集中して通わなくては効果が出づらいコースには不向きと言えます。

 

いかがでしたか?一口に支払いと言ってもこんなに種類があるのです。

どの支払い方法も良い点悪い点があったので、一概にこれが良いとはいえません。魅力的なコースは沢山ありますが、契約をする際は一度冷静になって、無理なく自分のスタイルに合った支払い方法を見つけて通いましょうね!