エステ体験なら痩身エステも脚やせエステも安い

歩くだけでOK!ウォーキングで脚やせする正しい歩き方!逆に脚が太くなるって本当!?

ウォーキングは、ダイエットにも健康にも良い有酸素運動として知られてます。

「脚を動かす運動だから、脚やせにも効果があるだろう。」と思っている方はきっと多いでしょう。でも、「ウォーキングをしたら、脚が太くなってしまった気がする。」なんて言う方もいるようです。

果たして、ウォーキングには本当に脚やせ効果があるのでしょうか。もしあるとしたら、脚やせに効果的なウォーキングの方法があるのでしょうか。


ウォーキングで脚が太くなる方は、歩き方に問題あり!

ウォーキングは正しい歩き方を心掛けていれば、脚やせ効果が実感できるはずです。もしウォーキングで脚が太くなったように感じるのであれば、正しい歩き方が出来ていない可能性があります。

考えられる原因としては、やはり歩く時の姿勢です。前のめりになっていたり、猫背になっていたりなどしていませんか。

このような歩き方では、体の重心がずれてしまうのでバランスが悪くなってしまったり、脂肪が効率良く燃焼できない可能性があります。

それから、女性に多いのですが、ヒールのある靴で歩いていませんか。これに関しても、力の入れ方のバランスが悪くなって、せっかく歩いていても脚やせを妨げてしまう原因になってしまいます。

そもそもウォーキング程度で筋肉はほとんどつかない

ウォーキングをすると脚に筋肉がついて逆に太くなるといっている人がいるみたいですが、筋肉がつくのは負荷をかけたトレーニングによるものなので、そもそもウォーキング程度の運動じゃ筋肉は付きません(メチャメチャ急な坂道が続く・・・とかは例外ですが)。

ウォーキングのあとに逆に太くなっていると言っているのは恐らくむくみが原因の可能性が高いです。むくみによって太ももやふくらはぎなどの太さには誤差が出るのでそれで勘違いしたのだと思われます。

ウォーキングの前や後にふくらはぎやアキレス腱を伸ばすストレッチや膝の屈伸運動などをしっかりとすることで、効率も上がりますので忘れずにやりましょう。

ウォーキングがおすすめの理由は?

なぜウォーキングがいいのかと言うと、脂肪燃焼効果があり、痩せやすい体質になると言われているからです。

ウォーキングをすることで体力アップと代謝アップが望めるのです。すると1日に必要な最低限のエネルギーも増えますので、自然と太りにくい体へ変わっていくと言うことです。

わずか20分!?脂肪燃焼を促すウォーキング

ウォーキングの脂肪燃焼効果は20分で始まると言います。

つまり歩き始めてからリズムがついて20分経つころには脂肪が徐々に燃えていっていると言うことです。歩くことと運動は同じですから汗をかきますし、体の中の体温は上がります。

体温が上がると消費エネルギーも大幅にアップしますので、痩せやすくなるという構造です。

これは科学的にも証明されており、歩き始めてから20分で脂肪燃焼が始まると言うデータがあるのです。ですから時間があるときに20分続けて歩いてみるといいでしょう。

まずはウォーキングのフォームを確認しよう

ウォーキングを本格的に始めるならフォームの確認もしてみましょう。

姿勢は頭頂部を天井から引っ張られているかのようなイメージで、真っすぐ背中を伸ばした状態にしましょう。壁に後ろをぴったりとくっつけて、正しい姿勢で立つことから始めて見ると良いかも知れません。

そして、正しく立つことができたら、この立ち方を大切に歩きます。

具体的には背筋をまっすぐ伸ばして、へそより指3本ほど下にある丹田を意識します。軽くお腹をひっこめて骨盤の上に上半身を乗せてみましょう。

肩は力を抜いた方がいいので上げ下げの運動をし、すこしだけ後ろに引いてみてください。目線はまっすぐ前に向けましょう。腕は肩甲骨を意識し、後ろに振るようにすると骨盤が動き足も連動します。

そうすると体幹も鍛えられますので、バランスが良くなり、足だけではなく全身がきれいになっていくでしょう。着地はかかとから行い、足の裏全体に体重が乗ると同時に反対側の足を蹴りだしていきます。

脚やせを実現するためには、ただ歩きさえすれば良い訳ではありません。

まずは、歩く時は太ももやふくらはぎの裏側の筋肉を意識しながら、大きめの歩幅で前進してみましょう。

脚やせに効果的なウォーキングの正しい歩き方は?

正しい姿勢を保ちながらウォーキングする事

真っ直ぐ立つことが大事であり、肩・腰・床が並行であることを意識しながら、真っ直ぐに立つことが大事です。

まっすぐに立つには、ウエスト部分の筋肉を意識しながら立つことで、自然と姿勢が改善されて、足のラインもシェイプされてきます。

背筋が曲がってしまっていると、体中に栄養が行き届かなくなり、血流が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなるので、いくらウォーキングをしても思うような結果が生まれません。

しっかりと背筋を伸ばして、正しい姿勢を保つことがとても大事な要素なのです。

慣れてきたらスピードを速めるのが効果的ですが、スピードを速めることでフォームが崩れないように気を付けましょう。

また、なかなか正しいフォームが身に付けられない方は、せめて姿勢を正しながら歩くことだけでも意識してみてください。

かかとから着地する

地面に足を着く時には、かかとから着くようにしましょう。

膝は曲げないで、かかとで着地し、体重を移動してつま先で地面を蹴ります。足の裏全体を使って歩くイメージをして下さい。

背筋がピンと伸びますし、モデルのようなキレイな歩き方になります。足の裏側がピンと伸びていることを意識しましょう。

ウォーキングの基本ですが、歩く際に、つま先から着地する人がいますが、これは間違いです。

足の付け根から踏み出すことで、筋肉をしっかりと使うことになり、脚痩せを促進させ、そして、かかとから着地することを意識します。

その際には、しっかりと足を伸ばした状態での地面への着地が大事であり、最初のうちは上手く出来ないこともありますが、何度もトライしていくうちに、徐々に意識しなくても、出来るようになってきます。

後ろ足で体を送る

後ろ足の親指と人差し指を意識しながら、地面を押し出し、後ろ足の筋肉を使って、体を前に送り出します。

この時、骨盤がずれていると、体型も崩れてくるので、骨盤を傾けないように、まっすぐと姿勢を保って、後ろ足で支えながら、上体を前に持って行きます。

後ろ足を引き寄せる

後ろ足を真っ直ぐに引き寄せるのですが、上体が大きく上下しないように、注意しながら歩きます。

この時、関節を思うように使うことで、柔軟性が増し、左右の膝の位置が安定してきますので、美脚を目指すことが出来ます。そして歩くのと同時に、手の振りも大事であり、90度程腕を曲げるように振って歩くことも心がけてください。

前のめりにならない

普段歩く時に急ぐあまりか、前のめりになって歩いている人がいます。美しくなるウォーキングではそれはNG。

胸を張って、身体よりも足が先に出るように歩きましょう。下を見るのではなく、少し先を見るような姿勢がキレイな姿勢です。

早足にならない

片方の足がしっかり地面を捉えていないうちに次の足を出すような、バタバタとした歩き方はNGです。体重が片方の足に十分乗ってから次の足に体重移動するように身体を伸ばして歩きましょう。

悪い歩き方の人は、猫背になってずっと膝が曲がったまま歩いています。

天井から操り人形のように吊られているとイメージして、足を真っ直ぐ伸ばして歩くのが正解です。足の裏は引きずってもいけませんし、全面で着地してもいけません。

靴と靴下にはこだわりを

ウォーキングをするなら、靴と靴下はきちんとスポーツ専用のものを用意しましょう。体重が均等にかからないと、余計に骨に歪みが出たり、局部的に痛みやコリが出てきたりします。

ちょっと歩いただけで、どこか1点に集中して痛みが出るようでは、身体のバランスが悪くなっている証拠。

普段からそうした歩き方をしている可能性が高く、そのせいで身体が歪んで美しくないプロポーションを作ってしまっている可能性があります。

正しく歩けるようになると痛みも出にくくなるので、歩く姿勢の美しさにも注意しましょう。また、足はとても汗をかくので、厚手の靴下がベストです。

ウォーキングを長続きさせるために

休日に楽しみながらウォーキングしよう

ウォーキングは強制的にしても楽しくありませんし、長続きしません。

どうせ20分以上歩くなら、楽しく歩いて痩せたいですね。

楽しみながらウォーキングするにはどうすればいいのか、その方法は個人で探すしかありません。最も手軽な方法は音楽やラジオを聞きながらですが、音量を大きくすると周りの音が聞こえなくなるので注意しましょう。

周りの音が聞こえないと、自転車や車が近づいても気づきにくく、事故につながる可能性があります。また自然公園や広い公園の中を歩いたり、森林浴をしながら歩いたりするのもお勧めです。

景色や自然を楽しみながら歩くとリフレッシュ効果もありますので、体の疲れをいやしながらウォーキングすることができます。

ウォーキング仲間を作って、一緒に楽しむのもいいでしょう。今ならドラクエウォークなどのようなウォーキングに向いているアプリなどもあります。あなたなりに楽しめる方法でウォーキングを続けてみてください。

忙しい人は通勤中に取り入れよう

もしあなたが忙しく、ウォーキングをしている暇がないと言う場合は通勤中などに取り入れてみましょう。

バスと電車で通勤していると言う方は駅まで歩くのもいいでしょう。電車だけで通勤していると言う方は1駅分歩くのもいいでしょう。歩くと景色が違って見えますので、何か新しい発見があるかもしれません。

それも大変と言う方は駅のエスカレーターやエレベーターより階段を使うようにしたり、オフィス内でもできるだけ歩く時間を増やしてみるのがおすすめです。

歩くことを意識するだけで随分と運動量も運動効果も変わりますから、試してみてはいかがでしょうか。勿論、シンプルながら、奥が深く、コツをマスターすることで、より高い美脚を望むことが出来ます。

健康増進のためにもウォーキングを取り入れている方は多いでしょう。休日や朝の時間を使って近所をウォーキングしていると言う方もよく見られます。

ウォーキングは歩くだけで簡単なダイエット運動のように思われがちですが、脚やせを実現するためには単なる「歩くこと」になっては意味がありません。きちんと基本をマスターした上で行うことが、最も効率的に脚やせが出来るポイントとなるのです。脚やせエステに頼りっぱなし・・・というよりも、自分で努力も並行してする方がより結果が出るまでのスピードを早める事ができます。

普段あまり使わない脚の裏側の筋肉を意識しながら、正しい姿勢で実践することが効果的な脚やせウォーキングに繋がります。ウォーキングはキレイな美脚を作るためにはとても良い運動です。疲れ過ぎませんし、誰かと一緒に会話しながら歩くと気分転換にもなるのでおすすめです。